学費の相場はいくら?

安い所は100万円で高い所は300万円前後

子供に将来は医者になってもらいたいと願う親御さんは多いですが、医者になるためには医学部に進学できなければいけません。そこで、使われているのが医学部予備校です。年間の学費については概ね100万円から300万円前後の授業料になっています。また、学費は現役と高卒生徒で若干の違いが出てくる学校もありますので、医学部予備校に子供を通わせたい方はまずは授業料をチェックしてみましょう。また、学習形態によっても授業料は変わってきます。通学型の予備校ではなく、勉強をする校舎と寮が一つになった、全寮制の医学部予備校の授業料は500万円を超えてくる場合もあります。その他、難関医学部コースなど受講するコースによっても価格は変動してきます。

学費以外の料金も見ていく必要あり

医学部予備校は授業料だけでも軽く100万円を超えてくる所もありますが、必要なお金はそれだけではありません。予備校によっては、入学金や個別カリキュラム管理費という名目で、更にお金を支払う所もあります。一般的な医学部予備校の入学金相場は10万円ほどですので、医学部予備校の利用を検討しているなら、それらの費用も考慮する必要があります。また、個別カリキュラム管理費も数万、数十万円とするのが相場ですので、医学部予備校の利用トータル費用は数百万円と見積もっておきましょう。具体的な金額については、医学部予備校の公式サイトに記載されていますので、授業料以外にどんな費用が追加で発生するのかを調べておくと安心出来ます。

医学部の予備校の合宿は、短い期間に試験に出やすいポイントを集中的に学べるのはもちろん、周囲に刺激を受けながら勉強ができるという魅力があります。