学費以外にもかかる費用とは?

やっぱり入試関係費用

やはり医学部入試だけではありませんが、入試で最も費用がかかるのは入学試験料や入学手続料。国公立だけでなく私立も受験する場合はなおさらです。まず、入試にかかる費用についてですが!センター試験で2万円、国公立の二次試験で1校につき約2万円前後。私立は3万円前後になっています。さらに合格した後の入学手続き費用は入学金と授業料をまとめて払う場合が多く、国公立では入学金約23万円、前期授業料約53万円、合わせて80万円前後、私立では入学金約27万円、授業料85万円、合わせて100万円前後かかります。私立のみの話で言えば、入学金に加えて入学手続き金や寄付金なども必要となるためもっと費用がかかります。ご存知の方も多いかと思いますが、私立の場合は最終的に入学しなくても入学手続き金のみは合格のキープのために払う必要があります。

意外とたくさん買う参考書

受験生の多くは、予備校の参考書のみでは不安を覚えてきます。そして多くの参考書に手を出します。そのため意外と費用がかさむのは参考書でしょう。1冊2000円として、1教科につき2冊買ったとします。そうすると3万6000円です。さらに、やはり必要となるのはセンターや各大学の赤本や青本、対策本です。センターの過去問は1冊1000円と意外とお手頃ですが、大学個別の赤本は2000円~3000円します。受験する大学の数によっては多くの赤本を購入することになり費用がかさみます。
しかし、大学の赤本に関しては費用を減らす方法があります。それは赤本を予備校や高校で借りるという方法です。例え浪人生であっても卒業した高校であれば、多くの場合、赤本は貸し出してくれます。そうすることで少しでも費用を抑えられます。

医学部の現役合格を目指すには、理数系の分野を特に重点的にマスターするのはもちろん、面接に向けて志望動機や入学後の展望について考えておくことが大切です。